Enterpras

Enterpras ARMの概要

Appliance

 

「堅牢なユーザ認証システムを構築したいが、ハードウェアやOSの選定や保守にコストはかけたくない」

そんな要求にお応えします。
定番RADIUSソフトウェアである Enterpras Std を搭載した認証サーバアプライアンス Enterpras ARM が登場しました。
外部連携機能やクライアント証明書発行等の機能もございます。

※ SecureIDには対応しておりません

 

ハードウェアやOSはセキュリティに配慮した設定で出荷しておりますので、OSを意識せず、容易に導入ができます。
RADIUSは Enterpras Stdそのものですので、簡単な設定画面で高度な認証システムの構築が可能です。

 




 

[Enterpras ARM 特徴]

 

  • 特徴1

1Uタイプのラックマウント型の筐体を用い、ホットスワップ/オートリビルドに対応したRAID構成とすることで、ノンストップの認証サービスを構築可能としています。

 

  • 特徴2

ハードウェア障害については、5年間までのオンサイト保守サービスを日本全国で提供します。
※ソフトウェアについてはEnterpras Stdと同様、オンラインサポートが主となります。
詳細はサポートについてのページをご確認ください。

 

[サーバスペック]

 

CPU: Intel Xeonプロセッサー
メモリ: 8GB
HDD: 1TB×2
LAN: Gigabit Ethernet
サイズ(mm): 435(W)×607(D)×43(H)
重量(kg): 17.0
電源: 100-120V(50/60 Hz) / 200-240V(50/60 Hz)
消費電力: 約150W
環境条件: 温度 10 ~ 35℃ (動作時)、湿度 8 ~ 90% (ただし結露しないこと)

 

※機器仕様は予告なく変更される場合があります

 

prev < > next