Enterpras Pro 8.0の概要

Enterpras Pro Filteringサーバ

概要

 

Enterpras Pro Filteringサーバは、Proxyとして動作し、認証拒否となり続けるユーザの認証要求パケットを自動でフィルタリングします。

パケットをフィルタリングし、RADIUS認証サーバへの転送を防ぐことにより、多くの接続サービス事業者様が問題としている認証サーバの負荷を軽減できます。

 

特徴・機能

 

  • 不正ユーザのブラックリスト化

一定時間内に予め設定した回数以上、認証拒否が発生したユーザを自動でブラックリストに登録します。
ブラックリストに登録されたユーザの認証要求は、一定期間RADIUSサーバへ転送せずにFilteringサーバで認証拒否の応答を返します。
 
Ex:) 認証拒否が2回以上でブラックリストに登録する場合
 


RADIUSへ問い合わせを行わず、Filteringサーバ自らが拒否応答実施


 

  • 認証拒否応答の遅延機能

ルータ等、認証拒否を受けた後直ぐに、再度認証要求を出すような機器や状況がある場合、Filteringサーバで認証拒否を一定期間遅延してから応答する事が出来ます。
 

 

設置構成例

 
設置例

 

動作環境

 

  • 対応OS

RedHat Enterprise Linux 7 (64bit版)
 
上記以外のOSの対応については別途、弊社営業までお問い合わせください。

 

prev < > next